the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

バターは簡単に切り分けて保存が便利!ニトリのバターケース。バタートースト生活がより美味しく手軽に。(気に入っているポイントとバタートーストレシピ)

数ヶ月前に「ニトリ」で購入したバターケース 。
特にバターケースを探していたわけではなかったのですが、はじめに夫が見つけ、『手を汚さずにバターを約5g(少量)カットできる』という点に惹かれて購入したところ、とても使いやすく気に入っています。
バタートーストの美味しさにも目覚め、バタートースト生活を楽しんでいます!

ニトリの「カットできちゃうバターケース」

f:id:thecorner:20220319172752j:plain
日本製です。

バターケースの使い方

「容器」と「フタ」、カットする「ワイヤープレート」の3つに分かれています。
f:id:thecorner:20220319144739j:plain

まずは、バターを準備。
約5gにカットしたいので、200gのバターを準備します。
(150gのバターだと約3.7gのカットになります。)

バターは冷蔵庫から出して30分-60分くらい置いてから交差するワイヤーの端に合わせてバターを乗せます。
f:id:thecorner:20220319144807j:plain

冷蔵庫から出してすぐにカットは出来ないので注意しましょう!
私はうっかりカットしようとしてしまいましたが、ビクともしませんでした。。。
ワイヤーを痛めてしまうので要注意です。

フタを使い、上から押さえます。
f:id:thecorner:20220319144843j:plain

カット完了!
f:id:thecorner:20220319144915j:plain

ワイヤープレートの上にフタをのせて冷蔵庫へ。
f:id:thecorner:20220319172833j:plain


気に入っているポイント。

①手を汚さず、気軽にカットできる

料理を作る時に都度カットするのは面倒ですよね。
これまではバターを購入した時に、約10gくらいになるよう、包丁でカットしてから保存していました。

バターを包んでいる銀紙ごとカットすると、銀紙が切り口に入り込んでしまうことがあり、手で取り除いたりして手間でした・・・。
そこで、銀紙を取ってカットすると、なかなか手が汚れます・・・。

こちらは、ワイヤープレートに乗せて押すだけでカットできるので、手を汚さずにカットできます!
簡単!

②約5gは少量使いたい時にも便利

バターで何かを炒める時、料理にちょっとコクを出したい時、ちょっとした時に5gはちょうど良い量!
これまでは10gのバターをさらにカットして使っていましてが、ポイポイ気軽に使えるのがとても良いです!

③約5gはバタートーストにもちょうど良い量!

パンにバターを塗る時、パンの表面がえぐれてしまうことがありますよね。
5gだと、パンにのせてから焼くと良い感じで沁みますし、そのままパンを焼いた後に上に乗せても溶けやすいので、塗るという手間がなく、パンの上に置くだけで美味しく食べられます。

このようにカットしてあるバターをパンに置いて・・・。
f:id:thecorner:20220319145042j:plain

焼くとこんな感じに!
f:id:thecorner:20220319145111j:plain
バターが染みて美味しそう!

ホットケーキにのせるのにもちょうど良いです。
下側が溶けて上側の食感が少し残るくらいが最高!(個人的好み)

ニトリと記載はありませんが、同じ材質で同じ仕様でした。


バタートーストのお気に入りレシピ


レシピというほどでは無いですが・・・。
バターの上にあんこ乗せたり、砂糖をまぶして焼いたり・・・。
食パンに「ポイ」と置くだけで良いので、バタートースト生活(?)をより楽しんでいます。

シュガートースト

バターの上に、砂糖をまぶして焼きます。
f:id:thecorner:20220319145202j:plain
写真だとわからないのですが、砂糖のシャリっとした食感が残って美味しいです。

シナモントースト

バターの上に砂糖とシナモンパウダー(あればカルダモンパウダーも少々)を散らすとシナモンブレッドに。
f:id:thecorner:20220319145236j:plain
ちょっと焼きすぎましたが・・・。シナモンの香りに癒され、コーヒーがすすみます。

デーツとバターのトースト

f:id:thecorner:20220319172914j:plain
デーツとバターの相性は最高!
デーツと合わせる時は、焼いたパンの上にバターと半分にカットしたデーツをのせます。
バターが良いサイズにカットされているので、デーツをカットしてのせるだけで楽ちん。
バターの食感を残したいので、パンを焼いた後にのせるのがポイントです。

あんバタートースト

バターの上にあんこを乗せて焼きます。
f:id:thecorner:20220324170212j:plain

我が家のあんこのレシピはこちらから。

thecorneroflife.hatenablog.com

どれも美味しいですが、高カロリー!
食べすぎ注意!


これまで使っていたバターケース(野田琺瑯のバターケースとドイツのビンテージバターディッシュ)

どちらも佇まいが良いです。


野田琺瑯のバターケース

f:id:thecorner:20220319154101j:plain 朝食用のパンやスコーンを作っていた時は、カルピスバター(無塩タイプ)を愛用していました。
その時に、大きな容量のケースが欲しくて購入した物です。
※写真のバターは200gです。

蓋がカッティングボードにもなります。
f:id:thecorner:20220319154131j:plain

カルピスバターなど、容量の多いバターを使う方にはおすすめのバターケースです。
木蓋はサクラ材。琺瑯とのコンビネーションが新鮮。


200g用のスリムなタイプもあります!



あと、こちら。
5gタイプと同じ仕様で、10gタイプもあるようです。
カルピスバター のような450gのバターにも使えます。



ドイツのビンテージバターディッシュ

ドイツのバウハウス出身のプロダクトデザイナーWilhelm Wagenfeld (ウィルヘルム・ワーゲンフェルト)のButterDish(バターディッシュ)。
1950年代のビンテージ品です。
f:id:thecorner:20220319154224j:plain
昔はトレイにのせたまま食卓に出して、思い思いにカットして使っていました。
f:id:thecorner:20220319154243j:plain

長らく出番がなくなってしまっているけれど、やはりデザインが良い。


手を汚さず5gにカット出来るというのは、とてもメリットがあるように感じています。
私のバタートーストブームはまだまだ続きそうな予感!
これまで使っていたものは、カットしたものを入れ替えたりして使おうと思います。

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告