the corner of life 生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。

the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。

お取り寄せ : カレーうどん(ZEYO )分厚い煮豚、出汁のきいたカレー、コシのあるうどんのハーモニー

たまに無性に食べたくなる食べ物のひとつに、「カレーうどん」があります。

YouTubeでZEYO のカレーうどんを紹介しているのを見て「美味しそうー!」と言っていたら、夫が「注文したよ」とのこと。
ナイス!

f:id:thecorner:20210626165531j:plain

ZEYOのカレーうどん

ZEYOは、茨城県にあるカレーうどんのお店。

日本料理店で修業されていた店主さんが、自身の大好物であるカレーうどん専門店を2010年にオープン。
メディアにも取り上げられる人気店です。

2021年3月に通信販売をスタート。
お店の味をどうしたら届けられるかを試行錯誤し、3年かかって通販ができるようになったそう。

自宅で人気店の味が楽しめるのは嬉しい!

ZEYO のカレーうどんを自宅で調理


セット内容

2人分を注文しました!
こちらで1人前。
f:id:thecorner:20210626165621j:plain
カレールー、煮豚、仕上げ粉、うどん、で1セットです。
冷凍状態でも美味しそうな煮豚・・・。

「半熟卵」と「白ネギ」を自分で用意します。

作り方や美味しく作るコツなど、わかりやすいレシピが入っているので失敗なく作れそう。
私は見ていないのですが、QRコードで作り方の動画が見れるようになっていました。

煮豚とカレーを湯煎

冷凍状態の煮豚とカレーパックを10分湯煎。
f:id:thecorner:20210626165645j:plain

湯せん後小鍋へ

湯煎が終わったら、小鍋に移し替えます。
f:id:thecorner:20210626165709j:plain
火はつけず、切った白ネギだけを入れるように書いてありました。
カレーは一旦待機。

うどんを茹でる

熱湯を沸かし、うどんを1分間茹でます。
f:id:thecorner:20210626165726j:plain

カレーを温める

カレールーの中心がブクブクするくらい沸いたら火を止め、付属の「仕上げ粉」を入れて混ぜます。
f:id:thecorner:20210626165828j:plain

うどんの湯切り

f:id:thecorner:20210626165858j:plain
しっかり水分を切るように、15-20回ザルを振ります。
写真だとまだ表面がツヤッとしていますが、ねちょっとするくらいしっかり湯切します。

カレーうどんの完成!

うどんをどんぶりに入れ、カレールーを盛り付けたら完成です。 f:id:thecorner:20210626165928j:plain
半熟卵もレシピに書いてある通りに作ったらうまくできました!

感想

まず、煮豚が美味しい!
分厚い煮豚は、お箸を入れるとほろりと崩れます。
f:id:thecorner:20210626165952j:plain
こんな美味しい煮豚が通販で食べられるなんて!

カレールーも出汁が効いていて美味しいです。
日本料理の修行を積まれた店主さんだからこその味ですね。

スパイスも強くなく、心地良い。
辛さが欲しい方は、10〜50倍で好みの辛さを注文できるようです。

うどんはしっかり「コシ」があるタイプ。
コシがあるけれど、カレースープが馴染みます。
「ねちょっとするまでしっかり湯切り」と書いてあったのは、きっと麺とスープを馴染ませる為ですね。

細かく作り方のコツが書いてあるのも良かったです。
「美味しく食べて欲しい!」というお店の思いが伝わります。
ザツ&ウッカリな私でも、失敗なく作ることができました!

こちらのカレーうどん、2人前で1,340円(※2021年6月現在)でした。
送料が別途かかりますが、食べに行くことを思えば安いですし、家ではなかなか作れない美味しさなので納得です。

ちなみに、3人前、5人前と注文数が増えると、より割安になります。
冷凍庫に余裕があれば沢山買いためておきたいところ。

煮豚とうどん、カレーのハーモニーがクセになる「カレーうどん」でした!


下記、リンクを貼っております。
https://zeyo298.stores.jp/

プライバシーポリシー
お問い合わせフォーム