the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー(CM-D457B) で、朝からハンドドリップで淹れたようなコーヒーを。


朝から手間をかけることなく、美味しいコーヒーが飲めると良いですよね。

TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー(CM-D457B)を購入し、毎日安定して美味しいコーヒーを飲んでいます。

購入に至るまで。手間をかけずに美味しいコーヒーが飲みたい!


私は粉ではなく"豆から入れたい"派。
はじめは手動のミルを使っていました。

ざっくりと、我が家のコーヒーの淹れ方の歴史(?)をご紹介。
(ミルの種類やプレスの方法を変えるなど、色々試していますが割愛します。)

1.手動ミルで、豆を削る音と立ち上る香りを楽しみながら・・・の時間を作るのが難しくなり、手動ミルから電動ミルに変更(ハンドドリップ)。

2.エアロプレスが美味しいという噂を聞きつけ、エアロプレスに変更
※エアロプレス:専用の器具を用い、空気圧を使ってコーヒーを抽出する方法

3.エアロプレスはハンドドリップとはまた異なる風味で美味しいけれど、ハンドドリップの方が好きかな・・・
ということで、コーヒーを入れる手間が省け、ハンドドリップに近い味が楽しめるという、「siroca 全自動コーヒーメーカー (SC-A121)」を購入。

4.コーヒ豆と水をセットするだけでコーヒーができるので、手間と時間が短縮されて感動!
気に入って使っていたものの、1年半を過ぎたところで動かなくなる・・・。
(ただ、購入しやすい価格なのでこちらもオススメです。下にリンクを貼ります。)

5.朝の時間短縮を一度知ってしまうと、もう元には戻れない!
夫の提案もあり、 TWINBIRD 全自動コーヒーメーカーを購入することにしました!

TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー  CM-D457Bについて

TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー(CM-D457B)

こちらの商品の凄いところは、コーヒー好きには知らない人がいないのでは・・・というくらい有名な、田口護さんが監修されたコーヒーメーカーです。
カフェ・バッハの店主であり、コーヒーにまつわる著書も多く出されています。

コーヒーの研究はもとより、コーヒーの魅力を広げることに尽力し、多くの職人を育てたことでも知られています。
ブルーボトルコーヒーの創業者も田口氏から学んだそう。

「コーヒーのレジェンド」とも評される方が、コーヒーメーカーの監修をされるなんて!
コーヒーメーカーの良さを実感していたので、とても嬉しいです。


コーヒーの淹れ方(使い方)。


1.電源を入れる。
2.ビーカーに作る分の水をメモリまで入れ、タンクに入れる
3.ドリッパーにペーパーフィルターをセット
4.付属のメジャーカップに作る分の豆をメモリまで入れて、ミルに入れる。
※浅煎り、中深煎り、深煎りでメモリが異なります(目安とのことなので、好みで良さそう)。
※粉から入れる時は、ペーパーフィルターにそのまま粉を入れます。
5.ミルダイヤルをセット。
左から、「細挽き」→「中挽き」→「粗挽き」

6.本体下部のダイヤルをセット。
左から、「メニューダイヤル」→「抽出温度ダイヤル」→「蒸らし湯量ダイヤル」→「メンテナンスダイヤル」

・メニューダイヤル
豆から入れる→粉から入れる→ミルのみ(自分でハンドドリップ)→メンテナンス の4つのダイヤルです。
・抽出温度ダイヤル
83℃か90℃かを選びます。
※83℃は全ての焙煎に向いた温度とされています。苦味を立たせるのがお好みの方は90℃など好みによって使い分けられます。
・蒸らし湯量ダイヤル
1CUPか2CUPか3CUPかを選びます。
・メンテナンスダイヤル
メンテナンスの時に使うダイヤル。コーヒーを入れる時は合わせる必要はありません。
7.STARTボタンを押して、保温マーク(一番右のマーク)に明かりが灯ったら出来上がりです。

使ってみた感想。購入した豆に合わせてカスタマイズできる!


届いてすぐの頃は、コーヒーメーカーの動きをずっと眺めていました(笑)。

粉が出てきています。

ドリップが始まりました。
良い香りが広がります。



さぁ、美味しいコーヒーができました!

これまで使っていたコーヒーメーカーと比べると、柔らかい風味で豆の特徴が生かされている感じです。
とても気に入りました!

ゆったりした気持ちでハンドドリップができる時は良いのですが、朝の忙しい時はどうしてもドリップが雑になってしまいます・・・。
雑な私がハンドドリップで入れるより美味しい!

豆の挽き方や温度が選べるということは、購入した豆に合わせてカスタマイズできるということ
全自動のコーヒーメーカーなのに好みによって変えられるなんて嬉しいです。
痒いところにも手が届くコーヒーメーカーです。

ミルは刃物の生産で知られる燕三条で作られていて、雑味を出してしまう微粉をできるだけ出さないよう、挽き目の粒を揃えるような独自設計になっているそうです。
ハンドドリップで自分のこだわりの淹れ方をしたい時は、ミルだけ使用することもできます。

いろんな豆を使って、いろんな淹れ方をこのコーヒーメーカーで楽しみたいと思います。


私が使っているのは3杯用ですが、6杯用もあります。



こちらは、TWINBIRDを買う前に使っていたsirocaの全自動コーヒーメーカー。
味はTWINBIRDの方が良いと感じていますが、こちらも手軽にコーヒーを入れられます。


追記 ミルに古い粉が残る件について

2021年12月追記。
ある日、豆を変えたときに夫が一口飲んだ後、「これ、新しい豆だよね?」と。

リピートしている豆だったのですが、たしかにいつもと違う。
ミルを引き上げてミルカバーを開けてみると結構古い豆が残っていました。


毎回これくらい残るので、豆を替える時はお掃除したほうが良さそうです。

私は気になったので、毎回歯ブラシでお掃除しています。


これだけ残るのはもう2年くらい使っているからかも?
ミル掃除の手間は増えていますが、まだまだ美味しいコーヒーを作ってくれていますよー。

同じカテゴリーの記事は、こちらから。
買い物

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告