the corner of life 生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。

the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。

北海道旅行 day2 part.2 :食堂と喫茶 poppotei(豚丼とラーメン) / 摩周湖(第一展望台・第三展望台)/ 硫黄山(アトサヌプリ)/ ぐるっとパノラマ美幌峠(屈斜路湖)

北海道、旅の記録。
釧路、網走、知床、旭川富良野、帯広を巡ります。

day2 part.2
今回は、摩周湖と硫黄山アトサヌプリ)、屈斜路湖を巡ります。

1日目の記事はこちら。

thecorneroflife.hatenablog.com

2日目、part.1 の記事はこちら。

thecorneroflife.hatenablog.com

阿寒湖の後は、摩周湖に向かいます。
その前に腹ごしらえ。

「食堂と喫茶 poppotei」で、豚丼とラーメンランチ

摩周駅近くの「食堂と喫茶 poppotei」へ。
f:id:thecorner:20210905193308j:plain

私は「摩周の豚丼と雪見ラーメン」
f:id:thecorner:20210905193450j:plain
オリジナルの味噌スープに、摩周湖がある弟子屈(てしかが)町の大豆をすり潰した呉汁と、同じく弟子屈のミルクを加えたラーメン。

夫は、「摩周の豚丼と摩周のめぐみラーメン」
f:id:thecorner:20210905193653j:plain
弟子屈の野菜がたっぷり入った塩ラーメン。

豚丼も美味しかったのですが、特にラーメンが美味しかったです。

野菜がたっぷり入った塩ラーメンも夫にすこし分けてもらいました。
こちらもとても美味しい!
どちらも素材を生かした味で、身体に染みる美味しさでした。

食後にソフトクリームを注文。
f:id:thecorner:20210905193938j:plain

ごちそうさまでした!

次の目的地は「摩周湖」。
第一展望台、第三展望台を巡ります。

摩周湖(第一展望台・第三展望台)

「摩周ブルー」として知られる、カルデラ湖。
阿寒摩周国立公園の東側に位置します。

第一展望台と第三展望台から摩周湖を眺めます。
f:id:thecorner:20210905195717j:plain

第一展望台

f:id:thecorner:20210905194416j:plain
摩周ブルーが広がります。
注ぎ込む川がないことなどから、水の透明度が高く、深く美しいブルーの湖です。

注ぎ込む川も流れ出る川もないため、水位が一定にたもたれているという不思議な湖。
f:id:thecorner:20210905194613j:plain

湖の真ん中にある、ころんとまぁるい島は「カムイシュ島」
f:id:thecorner:20210905194634j:plain

第三展望台

第三展望台に着いたところ、天気が怪しくなってきた・・・。 f:id:thecorner:20210905194726j:plain

第三展望台からは、残念ながら湖の美しい色は見れませんでしたが、 絶壁に囲まれ、人が立ち入るのを拒むような神秘的な摩周湖を眺めました。

7000年前の噴火によって生まれた「摩周湖」。
力強い絶壁の風景と摩周湖を見ることができて満足です。
f:id:thecorner:20210905194917j:plain

駐車場に戻った途端、激しい雨が!
f:id:thecorner:20210905195030j:plain

この後、「硫黄山アトサヌプリ)」に行く予定。
この雨・・・どうしようか・・・・。
夫と相談し、とりあえず向かうことに。

黄山アトサヌプリ

黄山に着いて少しすると、奇跡的に雨があがりました!
f:id:thecorner:20210905195133j:plain

アトサヌプリとは、アイヌ語で「裸の山」。
現在も活動している活火山です。

噴気孔からは噴煙が出て、硫黄のにおいが周辺に広がっています。
f:id:thecorner:20210905195251j:plain

蛍光色のような黄色は硫黄の結晶
自然にできたとは思えないような綺麗に発色した色。
f:id:thecorner:20210905195318j:plain

硫黄と噴煙が幻想的。
f:id:thecorner:20210905195348j:plain

ブクブクと湧いているところも。
f:id:thecorner:20210905195414j:plain

昔は火薬や肥料の原料として、硫黄山から大量に硫黄を採取していたそう。
宝の山だったのですね。

裸だけれども、「生きている山」!
エネルギーに満ち溢れた山でした。

突発的に噴火する可能性もあるそうで、看板でも注意喚起されています。
f:id:thecorner:20210905195550j:plain

「ぐるっとパノラマ美幌峠」から屈斜路湖を眺める


日本最大のカルデラ屈斜路湖
「ぐるっとパノラマ美幌峠」から屈斜路湖を眺めます。

美幌峠レストハウスの側を通り、頂上展望台まで歩きます。
f:id:thecorner:20210905195807j:plain

美幌峠レストハウス
f:id:thecorner:20210905200001j:plain
お土産屋や飲食店が入っているレストハウス

頂上展望台に向かう景色。
f:id:thecorner:20210905200039j:plain

雲の隙間から峠に日差しがさしていて綺麗。
f:id:thecorner:20210905200618j:plain

やはり日本最大のカルデラ湖。広い!
f:id:thecorner:20210905200735j:plain

真ん中に見える大きな島が「中島」
f:id:thecorner:20210905200816j:plain

残念ながら曇っていますが、壮観な景色に引き込まれました。


この後は本日の宿泊地「網走」へ。
網走湖を過ぎると、網走市内までもうすぐ!
f:id:thecorner:20210905200919j:plain

宿泊先は「ドーミーイン網走」。
翌日は知床へ向かいます。

「ドーミーイン網走」の記事はこちら。

thecorneroflife.hatenablog.com

今回の記事の続き、知床の滞在記はこちら。

thecorneroflife.hatenablog.com

プライバシーポリシー
お問い合わせフォーム