the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

宮島旅行 part.3 宮島観光名所のひとつ「弥山(みせん)」へ。(宮島ロープウェー / 行き方 / 絶景の弥山展望台 / 弥山観光の感想)

宮島といえば!
世界文化遺産の「厳島神社」!

弥山(みせん)については、「なにやらロープウェイがあるらしい。」くらいの認識でしたが、厳島神社の背後にある弥山原始林も合わせて世界文化遺産だそう。
知らなかった・・・。

今回、はじめて弥山に登りました。


ロープウェーからの景色、迫力のある奇岩、弥山展望台から見える瀬戸内の風景など、想像以上にとても楽しみました!

今回は弥山の旅行記です。

前回の厳島神社についての記事はこちらから。

thecorneroflife.hatenablog.com

「弥山(みせん)」とは

古くから神の島と信仰されていた山。
標高は約535メートル。
多くの奇岩、登山道から見える瀬戸内の景色、途中にある麗火堂(れいかどう)、弥山本堂など、見どころの多い山です。
頂上の展望台から見える風景は絶景!

弘法大師伊藤博文も魅了した弥山。
1996年に厳島神社と共に、弥山の一部も世界文化遺産に登録されています。


弥山の登り方(宮島ロープウェー&徒歩 / 徒歩のみ)

弥山への登り方は宮島ロープウェーを使って途中まで登り、その後徒歩で山頂まで行くか、ふもとから徒歩で行くかの2通りあります。
私たちはロープウェーを使って登りました。

2種類のロープウェーを乗り継ぎ、徒歩で登る

なんと、2種類のロープウェーを乗り継ぎます!

1機目は8人乗りの小型のロープウェー


乗車時間は約10分、絶景を眺めながら空中散歩ができます。

平日だからか、1組ごとの貸切でした。

遠くに宮島へ向かうフェリーが見えます。


だいぶ登ってきました!

10分近く登ると流石に高いですね。

2機目の写真がないのですが・・・。
30人乗りのやや大型のロープウェーに乗り継ぎます。

こちらからも瀬戸内の美しい景色を見ることができます。


乗車時間は約4分です。


ロープウェーを降りた後は徒歩で山頂の展望台まで向かいます。
所要時間は約30分程度です。
なかなか急勾配が多くキツイ・・・!
歩きやすい靴じゃないと危ないなと感じました。

足に自信がない方は、ロープウェーの獅子岩駅の近くにある獅子岩展望台でも景色を楽しめます。

※紅葉時などの混雑時期、ロープウェーは予約制になる事もあるようなので、事前に宮島ロープウェーのホームページを確認される事をおすすめします。
宮島ロープウェー

ふもとから徒歩で登る

弥山は登山コースもあります。

登山コースは3つあり、約1時間半〜2時間半程度かかります。

宮島観光協会のホームページに各コースについての説明がありました。
歩いて登山 3ルート|観光・登山モデルコース|一般社団法人宮島観光協会
頂上付近を少し歩いただけですが、山の雰囲気からすると麓から歩くのはなかなかハードなのでは・・・と思いました。


弥山へのアクセス(ロープウェーを使う場合 : 厳島神社からロープウェー紅葉谷駅まで)

厳島神社から徒歩約16分くらいの場所に、「宮島ロープウェー 紅葉谷駅」があります。


16分・・・。まぁまぁありますね・・・。

ロープウェー駅までは無料送迎バスがあるので、行きは送迎バスを使いました。
(3分程度の乗車です。)

厳島神社から徒歩6分くらいの場所に、バス停があります。
バスの時刻を事前に確認しておくとスムーズに行けます!
交通アクセス・無料送迎バス時刻表 | 宮島ロープウェー
帰り道はゆるい下りなので、帰りは歩いて帰りました。
紅葉谷公園を抜けて歩くので、紅葉の時期はきっと綺麗だと思います。

ロープウェイを降り、弥山山頂展望台まで(弥山本堂 / 霊火堂 / 奇岩 / 展望台からの景色)

ロープウェイの獅子岩駅を降りると、山頂展望台までの看板がありました。


初代内閣総理大臣伊藤博文が「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」と言ったそう。

それは頑張って登って眺めを見てみたい!

伊藤博文は弥山に魅せられ何度も参拝していたそうです。

歩きやすそうな道!


っと思ったら、急な登りが続く・・・。


時折見える瀬戸内の穏やかな景色に癒されます。

弥山本堂と霊火堂がある中継地点に到着しました。

弥山本堂

806年に弘法大使(空海)によって創建された御堂です。

麗火堂


弘法大師が火を灯し、今日まで途絶えることなく燃え続けている霊火がある場所です。

一瞬、火が消えている
と焦りましたが、ほんの少し火がありました。

この火で沸かした霊水は万病に効くと云われているので、近くにある紙コップでいただきました。


麗火堂の近くに、大きな岩が!


少し進むと、「くぐり岩」が。

真ん中にあいた空洞を通り進みます。

すごいバランス・・・。

地震などで徐々に高さが低くなっているそうです。
いつまで通れるかな・・・。

展望台のある頂上に着くと、さらに大きな岩が!

ゴロゴロと積み重なっている!

なぜ弥山の頂上に、このような岩が沢山あるのかは明らかになっていないそう。
不思議・・・。

こちらは展望台。

360度のパノラマを楽しめます。

遠くに行き来するフェリーとフェリー乗り場が見えます。


ロープウェーの獅子岩駅の奥には瀬戸内の島々が見えます。


奥に見えるのは岩国(山口県)の方かな?


そして山頂にある沢山の奇岩。


この奇岩は、古来から信仰の対象になっていたそうです。
神の山と言われている弥山ならではの不思議な風景です。

下りは登りに比べて足取りが軽く、あっという間に獅子岩ロープウェー駅に到着。

帰りのロープウェーでも景色に癒されます。


弥山観光の感想

ロープウェーからの景色、迫力ある奇岩、弥山展望台から見える瀬戸内の風景など、想像以上にとても楽しみました。

ロープウェーを降りてから展望台までは、なかなかハードでしたが、 途中で瀬戸内の景色が見えたり、奇岩をながめたりしながら、なかなか楽しく登れました。

私たちは頂上の展望台まで登ったので、所要時間は3時間くらいでしたが、
ロープウェーからの景色がとても良いので、ロープウェーで登って下るだけでも充分楽しめそうです。

山頂展望台からの眺望は『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で三つ星をとったことがあるそうで、海外の人たちの姿もありました。

海外の人たちにも認められているのも納得です!


厳島神社の訪問の際、弥山に訪れるのもいかがでしょう?
新しい宮島の魅力が見つかります!

今回の宮島旅行の記事はこちらから。

thecorneroflife.hatenablog.com


その他の旅行記はこちらから。

thecorneroflife.hatenablog.com


【ブログカテゴリー】より関東近郊のお出かけ記録やライフスタイルの記事をご覧いただけます。

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告