the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

旬の食べ物を食べよう!「 国産レモン」で作るレモンシロップの作り方・使い方(レモンスカッシュ / ホットレモネード / 残ったレモンの使い方)

爽やかな香りと酸味のあるレモン、
レモンの旬は夏だと思っていませんでしたか?
私は夏だと思っていました・・・。

国産レモンの旬は秋冬だそうです。

夫がレモンシロップの炭酸水割りにハマっているので、旬のレモンを使って自宅で作ります!

※何杯か飲んだ後の写真なので量が減っています・・・。

お酒を飲みたい時にこちらを飲むと不思議とお酒を飲まなくても満足します。
ビタミン補充はもちろんですが、断酒にもおすすめです!

旬は秋冬!国産レモン

国内では気温が下がる頃から実りだすレモン。

特に10-11月頃はグリーンレモンが手に入る貴重な時期。
美しいグリーンのレモンは日が経つと黄色くなっていくそうなので、さらに貴重です。

最近購入したレモン。
1週間前にお店で見かけた時はもっとグリーンでしたが、だいぶ黄色くなっていました。


グリーンレモンとイエローレモンの違い

グリーンレモンとイエローレモンの違いは、ざっくり下記のようです。

<グリーンレモン>
・香りが豊か
・酸味が強い

<イエローレモン>
・果汁が多い
・酸味がグリーンレモンに比べて穏やか

グリーンレモンは新鮮な証拠
手に入れるのは少しハードルが高いので、見つけたらラッキーですね。
グリーンレモンは香りが良く、酸味が強めということなので、爽やかなレモンシロップに合いそうです。


レモンの農薬問題

レモンシロップを作るなら、できれば皮ごと使いたい

手に入るなら国産の無農薬レモンが安心です。
輸入レモンは農薬や防カビ剤が使われていることがあるので、皮は剥いて使いたいところ。

私は国産レモンを使いましたが、無農薬ではなかったので無添加石鹸で軽く皮を洗いました。



レモンシロップの作り方・使い方


材料・準備するもの

・レモン
※輸入レモンしか手に入らない場合は皮を剥きます

・砂糖、はちみつ、氷砂糖など (レモンの重さと同量の糖分)
※私は8割程度をきび砂糖、2割程度はちみつを使いました。

・ガラスの保存容器(私が使用したのは2Lの保存瓶です)

ホワイトリカーなどアルコール度数が高いもの(もしくは瓶を煮沸消毒)






作り方

①保存瓶をアルコールで消毒する
(私は消毒用にホワイトリカーを入れたスプレーを常備しています)
②レモンを洗う

③レモンをスライスする

※私は厚めにカットしてしまっていますが、薄くカットする方がレモンが食べやすくなります。
④スライスしたレモンの重さを測る
⑤スライスレモンと同量の砂糖(好みで蜂蜜を入れても)を瓶に入れる

⑥2-3日で完成!

※氷砂糖を使うと1週間程度かかります。
※美味しすぎて撮影前に何杯か飲んだ為、減っています・・・。


レモンシロップの使い方(レモンスカッシュ/ ホットレモネード)

炭酸水で割ってレモンスカッシュに

やっぱりまずはこれ!


シロップレードル1杯(大さじ2杯程度)とレモンスライスを1-2枚グラスに入れます。


炭酸水を注いだら完成です!



お湯で割ってレモネードに

寒くなってきたので、こちらもおすすめです。
癒しの味で気持ちがほっこりします。

シロップレードル1杯とレモンスライスを1-2枚カップに入れ、熱湯を注いだら完成です!


レモンスライスも美味しいので食べてしまいます。



レモンシロップで残ったレモンを再利用

シロップで楽しんでいる最中なのでまだ使っていないですが、下記のように使いたいと考えています!

・スライスレモンを細かく切って、生姜焼きのタレに少し入れる
・食パンにバターと一緒に乗せて焼く
・パンケーキやフレンチトーストに添える
・スライスレモンを細かく切ってパウンドケーキに入れて焼く

シロップを飲み終わった後も楽しみです!


最近は少し寒くなってきたので、次に作るときは100gほど生姜を追加しようかなと考えています。

手作りする前はこちらを飲んでいました。

レモンシロップ初挑戦の方は、市販されているものを飲んでみて気に入ったら手作りするでも良いですね。


どれもシンプルな原材料です。




老化対策やストレス緩和にも良いというビタミンC 。
シロップにすると美味しく手軽に取れるのも嬉しいですね。






同じく「買い物」の記事はこちらから。

thecorneroflife.hatenablog.com
【ブログカテゴリー】より、旅行記や関東近郊のお出かけ記録、ライフスタイルの記事をご覧いただけます。

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告