the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

京都旅行 day.1 part.2 京都紅葉巡り ( 南禅寺 、天授庵)/ おばんざい(めなみ)

2020年11月末の週末、京都に出かけました。

およそ10年振りの京都。
今回は「紅葉」と「おいしい日本料理」がテーマ。
今回も感染対策に気を配りながらの旅行します。

1日目 part1の記事はこちら。

thecorneroflife.hatenablog.com

京都旅行 1日目 part.2

永観堂の後は、南禅寺へ。

木々であまり見えませんが・・・・。
「絶景かな、絶景かな」で有名な三門。
f:id:thecorner:20201206195334j:plain

三門は何度か登ったことがあったので、今回は南禅寺の「方丈庭園」へ行ってみることに。
(登ったことがない方は是非登って、「絶景かな、絶景かな」と口ずさんでください。)
※「絶景かな、絶景かな」は歌舞伎のセリフです。江戸時代の大盗賊 石川五右衛門が三門の上で放ちます。

江戸初期の大茶人であり、建築家、作庭家でもある「小掘遠州」が手がけた枯山水庭園。
f:id:thecorner:20201206195419j:plain

欄間に「虎」がいました!かわいい!
f:id:thecorner:20201206195453j:plain

帰宅してから調べてみたところ、江戸初期に活躍した彫刻師「左甚五郎」の作といわれているそう!
「左甚五郎」は日光東照宮の「眠り猫」を手がけたとも言われ、伝説の彫刻師として落語の題材にもなっています。

「心」の字を配した庭と言われる「如心庭」
f:id:thecorner:20201206195527j:plain
静かな気配を発していて、自分の心に向き合うようにいわれている気がしました。

「六道庭」
f:id:thecorner:20201206195600j:plain
「素敵な庭!」と喜んでいましたが、後で調べたところ「戒め」の庭ということがわかりました。
人間は「天上・人間・修羅・畜生・飢餓・地獄」の六つの世界を生まれ変わり巡っているということに対して、戒めの意味を表した庭とのこと。
なんだか恐ろしいテーマですが・・・・やはり素敵!

鬼瓦が置かれてあるのも、六道が関係しているのかな。(か・・・かわいい・・・)
f:id:thecorner:20201206195817j:plain

紅葉も綺麗でした。
f:id:thecorner:20201206195844j:plain

これまで何度も南禅寺には来ていますが、初めて方丈庭園に入りました。
狩野探幽の襖絵(重要文化財の「群虎図」)もあり、庭も良かったし、入ってよかったー!

狩野探幽は江戸時代に一世を風靡した「狩野派」の絵師。
狩野派室町時代の狩野正信に始まり、足利義政織田信長、徳川家など時の権力者に支持された絵師集団です。

三門は沢山の人で混み合っていましたが、方丈庭園は空いていました。
ちょっと一息つくのにもおすすめです。
また南禅寺に行く時は是非立ち寄りたいです。


南禅寺の方丈庭園から近くの「水路閣」へ。
f:id:thecorner:20201206200022j:plain

沢山の着物を着た女性が記念撮影をしていました。
人気の撮影スポットですね。
京都に行くと着物姿の若い人が多くて、着物好きとしては嬉しくなります。
時には家庭画報に出るようなシックでこなれた装いの若い人もいて・・・(うっとり)。
それぞれ選ぶ着物も個性があり、見ているだけでも楽しい。


南禅寺近くの天授庵

奥に見える紅葉が気になり、導かれるように「天授庵」へ。
f:id:thecorner:20201206200101j:plain

枯山水庭園
銀杏の黄色と紅葉の赤、両方楽しめました。
f:id:thecorner:20201206200336j:plain

モダン!
f:id:thecorner:20201206200452j:plain

奥にはかなり広い池泉式回遊庭園が!
f:id:thecorner:20201206200515j:plain

軽く立ち寄ったところが、こんなに広く、見応えがあるとは!
驚きました。
京都のお寺めぐりはこれがあるから楽しい!

後からわかったのですが、同じく南禅寺近くの「金地院(こんちいん)」には、長谷川等伯のお猿さんの絵「猿猴捉月図(えんこうそくげつず)」があるそう!

簡単に言ってしまうと、まぁるいお顔のかわいいお猿さんの絵です。
ご存知ない方もどこかできっと見たことがあるはず。

次回京都に行く際はチェックしたいと思います!
小堀遠州の庭も見れます)

寺町商店街錦市場を散歩し、ホテルで休憩した後夕飯へ。


おばんざいを食べに「めなみ」へ。

「おばんざい」とは、京都で日常に食べられてきた「京都の家庭料理」。
おばんざいを食べに、「めなみ」へ。
「めなみ」はランチをした「ふじ田」と同じ、先斗町にあります。

日本酒は、城陽酒造の特別純米酒「徳次郎」を選びました。
f:id:thecorner:20201206201359j:plain
こちらのお店は使われている器もセンスがあります。
「徳次郎」は料理を美味しく引き立ててくれるようなお酒だったので、「自宅でも飲みたい!」と思いました。

おばんざいの盛り合わせ
f:id:thecorner:20201206201421j:plain
華やかな器に盛りつけられていて、心躍ります。

えび芋の揚げだし
f:id:thecorner:20201206201500j:plain
えび芋といえば、京野菜ですね。
パクパク、いくらでも食べちゃえそう。

生ゆば春巻き
ゆばのカリカリが美味しい!
f:id:thecorner:20201206201533j:plain
生でも煮ても揚げても美味し「湯葉」。
湯葉最高!

ぐじ頭の酒蒸し
f:id:thecorner:20201206201650j:plain
「ぐじ」とは甘鯛のこと。京都では甘鯛を「ぐじ」というそう。
身がふわふわで美味しい!頭だけではなく身も食べたいー!
青ネギやお豆腐も出汁がしみて、癒される味でした。

いやぁ〜。
京都のご飯はやっぱり美味しいですねぇ〜。

先斗町から徒歩でホテルに戻ります。

今回宿泊したホテルは「三井ガーデンホテル 京都河原町 浄教寺」。
今年の9月にオープンしたばかりのホテルです。
(宿泊記は後日掲載します。)

明日は少し早起きをする予定。
ゆっくり休んで明日に備えましょう!

2日目に続きます。

thecorneroflife.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告