the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

憧れのヘアブラシ : Mason Pearson Hair Brush Pocket Bristle(メイソンピアソン ヘアブラシ ポケットブリッスル)


Mason Pearson Hair Brush Pocket Bristle
メイソンピアソン ヘアブラシ ポケットブリッスル
f:id:thecorner:20190619182100j:plain
このブラシの存在は随分前から知っていたのですが、小さいタイプでも10,000円超え・・・というところで、どうも決心できずにいました。

私は髪が細く柔らかい為、いつも後頭部がふわっと浮いてしまうのが悩みなのですが、「猪毛のブラシは硬く水分と油分が含まれているので静電気を防ぐ」というのを見て、猪毛ブラシの最高峰であるこちらを思い切って購入しました。

-about MASON PEARSON-
創業が1862年の老舗のイギリスのブラシ工房。
イギリスのハンドメイドブラシの最高峰と言われ、150年以上たった今でも、職人たちがひとつひとつ手作りしています。

メイソンピアソンというブランド名は、創業者の名前です。
創業者であり、ブラシの職人でもある彼は、研究を重ねてこのブラシを完成させました。

猪毛がどの素材よりも適していると考え、猪毛の特徴でもある硬い毛が頭皮を傷めないように、独自にクッションパットを開発し、程よい刺激を与えながら地肌の血行を良くすることに成功したそうです。

「ブラッシングは、頭皮を刺激し、毛根部の栄養を髪全体に行き渡らせること」とメイソンピアソン氏が考えていたと輸入代理店のホームページに書いてあり、「なるほど、そんな意識で髪をとかしたことがなかった!」と思いました。
イメージ大事!
f:id:thecorner:20190619182220j:plain
メイソンピアソンのブラシは一生物と言われ、何十年も使い続けられるそうです。

随分前に、同僚が小学生のお嬢さんにこのブラシをプレゼントをしたと聞いたのですが、おばあちゃんになるまで使えるものをプレゼントするなんて、とても素敵だなぁと感じました。
彼女が年を重ねるごとに、きっとこのブラシも彼女に合わせて変化していくのだと思い、聞いていてとても幸せな気持ちになったのを覚えています。

まだ使用し始めて数日なのですが、これまで使っていた他のブラシと比べると、オイルなしでも髪のツヤが増している感じがします。
これからの変化がとても楽しみです。

また、長く使ってレビューしたいと思います。

付属の説明書もかっこ良い!
f:id:thecorner:20190619182438j:plain

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告