the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

Taipei City 4days : 台湾旅行1日目 : 都内から成田空港 / 明月湯包(小籠包) / 御品元傳統手工元宵(湯圓)/ 森SPA足體養生會館(足マッサージ)

年末には、毎年お疲れ様旅行をしているのですが、今年は「台北」!

以前の台湾への訪問は、5年前の春と10年前の夏。
冬に台北に行くのは初めてです。
ちょうどクリスマスが近い時期でもあるので、冬の台北、楽しみです!

台北旅行 1日目

都内から成田空港 第3ターミナルへ


ピーチは第3ターミナル。
第3ターミナルは今回初めての利用です。
第3ターミナルは、第1、第2ターミナルから離れているのでご注意を!

・第2ターミナルから第3ターミナルの移動
第3ターミナルは鉄道の駅がない為、第2ターミナルから徒歩かシャトルバスでの移動になります。
第2ターミナルから第3ターミナルまで徒歩で約15分、シャトルバスなら約3分とのこと。

徒歩15分はなかなかですね・・・。 第2ターミナルからのシャトルバスは約3-10分間隔で運行しているようです。
※第1ターミナルから第3ターミナルのシャトルバスもあるようですが、運行間隔が長いので、第2ターミナルからの乗車が良いと思います。

今回、東京駅から成田空港までの京成バス(東京シャトル)を利用しました。
料金は1000円くらいで、1時間ちょっとで着きます。
※深夜・早朝便は2,000円

行きはスムーズだったのですが、帰りは夕方頃の乗車で渋滞にあってしまい、2時間くらいかかりました。

値段も安く、第3ターミナルまで連れて行ってくれるのでとても楽ですが、時間に余裕がない時は避けた方が良さそうです。

明月湯包で絶品の小籠包と炒飯を!

台北に到着し、ホテルで一息ついたところで食事に向かいます。
それにしても。LCCの機内販売時のインスタントラーメンの匂いは、食欲をそそりますね・・・。
お菓子を我慢した分、しっかり食べるぞー!

f:id:thecorner:20191225155922j:plain

明月湯包はMRT信義安和駅から徒歩10分くらいのところにあります。
本店の近くに分店があり、分店の方が店内の雰囲気がゆったりしているので分店に並んで入りました。

日本語メニューがありました!



こちらは小皿。

小皿は入り口近くに複数種類置いてあり、自分で取って伝票の小皿の欄に数量を入れます。


付乳炒空芯菜空芯菜の腐乳炒め)
f:id:thecorner:20191225160004j:plain
付乳(腐乳)は、豆腐を麹と塩水で発酵させた調味料。
コクがあって食欲が増していきます。
蔥油餅(台湾風チヂミ)
f:id:thecorner:20191225183341j:plain ネギが入ったチヂミ。先ほどの空芯菜とよく合います。
小籠包の酢醤油をつけながら食べるとさらに美味しかったです。

明月湯包(明月小籠包)

美しい・・・。そして美味しい・・・。
味もあまり油っぽくなく、いくらでも食べられそうな味付け。
鼎泰豐(ディンタイフォン)が一番と思っていましたが、甲乙つけがたい・・・!

東洋魚蛋炒飯(鮭チャーハン
f:id:thecorner:20191225163002j:plain
私は子供の頃からチャーハンが大好きなのですが、こちらのチャーハン、とても美味しいです。
パラパラのお米としっとりした野菜のバランスが絶妙です。


明月湯包の近くに、夜市があるのでそちらに向かいました。
通化街夜市(臨江街観光夜市)
f:id:thecorner:20191225160142j:plain

御品元傳統手工元宵圓であたたかいデザート(湯圓タンユエン)を

デザートくらいならなんとか食べられるかも・・・。
ということで、通化街夜市にある、「御品元傳統手工元宵」に行きました。
f:id:thecorner:20191225163020j:plain
こちら、大変人気のある湯圓(タンユエン)のお店で、行列ができていました。
湯圓は白玉団子のようなもので、こちらの湯圓には、中にピーナッツペーストが入ったものと黒ごまペーストが入ったものがあります。

テイクアウトとイートインで並ぶ列が違うようなので、「内用(ネイヨウ)」と伝えると並ぶ場所を教えてくれます。
※ちなみに、テイクアウトは「外帯(ワイタイ)」です。


湯圓は、ピーナッツと黒ごまのどちらも食べたかったのと、温かいものが食べたかったので、8番の「酒釀綜合湯圓(熱)」にしました。
※温かいものが良い場合は、ホットと言えば伝わります。冰はコールドです。冰はかき氷の上に湯圓が乗っていました。

f:id:thecorner:20191225160616j:plain 酒釀は日本の甘酒のようなものですが、日本の甘酒より甘くなく、少し酸味がありさっぱりとしています。
湯圓の中のペーストは甘さがあるので、とてもバランスが良いです。
※メニューにある「桂花」金木犀のシロップです。

「こんなデザートが日本でも手軽に食べられたら!」と夫と話しながら、足マッサージに向かいます。

森SPA足體養生會館で足マッサージ

MRT中山駅から徒歩10分ほどの場所にあるマッサージ店。ビルの3階にあります。
マッサージの種類は沢山あったのですが、首・肩と足マッサージ60分コースをお願いしました。

画像はありませんが、清潔感、高級感があり、リラックスできます。
また、施術前にミントティーの提供がありました。

ただ、カラオケ店舗が近くにあるのか、店内のリラックスミュージックをかき消すように、おじさんが気持ち良く歌う歌謡曲が聞こえてきました。
それはそれで、ちょっとおもしろかったです。

館内は静かですが、人気店のようでお客さんは多いです。
入館する際に、予約があるのか確認されたので、可能なら予約をした方がよさそうです。

痛い!熱い!という言葉は通じるので、遠慮なく伝えると良いと思います。
翌日、とっても足が軽かったです。

また、マッサージのおかげかわかりませんが、夜も気持ちよくぐっすり眠れました。

2日目に続きます。

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告