the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

北海道旅行 day4 part.1 :旭岳・美瑛ランチ(旭岳ロープウェイ・旭岳散策コース・旭岳で見つけた夏の花) / 美瑛でランチ(レストラン アスペルジュ)

北海道 4日目 part.1

北海道、旅の記録。
釧路、網走、知床、旭川富良野、帯広を巡ります。

今回は、4日目のpart.1!
網走から車を走らせ、旭岳・美瑛に向かいます。

北海道旅行、1日目の記事はこちらから。

thecorneroflife.hatenablog.com

ロープウェイで一気に異世界へ!旭岳散策

旭岳ロープウェイ アクセス

旭川空港から約1時間。
旭川駅からは約1時間10分です。
※私達は網走から向かったので4時間近くかかりました。

大雪山 旭岳ロープウェイ」に到着しました!
f:id:thecorner:20210921202626j:plain


旭岳ロープウェイ

ロープウェイ乗り場につきました。

いざ、標高2291メートルへ!
f:id:thecorner:20210921204110j:plain
標高1,100メートルの山麓駅から標高1,600メートルの姿見駅までを一気に移動します!

姿見駅までは約10分。
あっという間に山麓駅が小さくなる。
f:id:thecorner:20210921204425j:plain

途中、復路へ向かうロープウェイとすれ違う。
f:id:thecorner:20210921204127j:plain

背の高い木が少なくなり、低い木になっていきます。
f:id:thecorner:20210921204159j:plain

広大な景色に圧倒されていたら、「姿見駅」に到着。
北海道最高峰、旭岳が目の前に!
f:id:thecorner:20210921204605j:plain

旭岳の頂上まで登りたいところですが、今回は姿見駅周辺の散策コースを楽しみます!


旭岳 散策コース(姿見の池 遊歩道)

旭岳は北海道最高峰の山。
標高2291メートルですが、本州の3000メートル級の山と同じような景色が楽しめます。
夏は高山植物、秋は紅葉が人気の山です。

そんな旭岳は、ロープウェイに約10分ほど乗るだけで非日常の景色を楽しめます。
ロープウェイの姿見駅を降りると、初心者でも楽しめる整備された散策コースがあります。
(整備されているとはいえ、高山の厳しい環境なので登山ウェアをおすすめします。)

所要時間は、約1時間。高山植物の花々に出合うのも楽しみです。
f:id:thecorner:20210923195547p:plain

散策コース
1周 約1.7km
所要時間 約1時間

f:id:thecorner:20210923170355j:plain
※こちらの看板は、途中の「姿見展望台」で撮りました。

旭岳ロープウェイの姿見駅から、「姿見の池」、「夫婦池(すり鉢池、鏡池)」、「満月沼」を周ります。

このように、景色を楽しみながら歩きます。
f:id:thecorner:20210923190238j:plain
楽しい!


大雪山(旭岳)で見つけた夏の花

夏の旭岳では、沢山の花を見ることができます。

チングルマ
f:id:thecorner:20210922204909j:plain

コガネギク
f:id:thecorner:20210922205356j:plain

エゾノツガザクラ
f:id:thecorner:20210922205604j:plain

ミヤマリンドウ f:id:thecorner:20210922210054j:plain

コマクサ
f:id:thecorner:20210922210225j:plain

ワタスゲ
f:id:thecorner:20210923043950j:plain

チングルマの綿毛
f:id:thecorner:20210922210439j:plain

普段は目にすることがない植物ばかりで、テンションが上がります!
6-8月頃、夏の旭岳に行かれる際は、ぜひお花も探してみてください。


旭岳 「姿見の池 散策コース」からの景色

姿見の池と旭岳が綺麗に見えます。
f:id:thecorner:20210922220237j:plain

旭岳は活火山!
あちこちで噴煙があがっています。
f:id:thecorner:20210922220451j:plain

高山ならではの森林限界の景色
f:id:thecorner:20210922221919j:plain
森林限界とは、厳しい環境で高木が育たない場所。
本州では2500メートル級の山から「森林限界」が見られますが、北海道では1000メートル級の山森林限界の景色を見ることができます。

地熱の影響なのか、植物が育たない場所も。
f:id:thecorner:20210922222523j:plain

夫婦池(左:すり鉢池 右:鏡池
どちらも噴火口に水が溜まったもの。
f:id:thecorner:20210922221802j:plain

風がないので、雲が水面に写って綺麗。
f:id:thecorner:20210922221820j:plain

満月沼
f:id:thecorner:20210923044829j:plain

雪渓が残っている場所も。
f:id:thecorner:20210923044905j:plain
「雪渓」とは雪が解けずに残っている場所のこと。
夏に雪を見るとは!

ロープウェイで10分登っただけで、高山植物のお花や、雪渓を見ることができるなんて、さすが北海道!
雄大な旭岳もかっこよかった!

旭川や美瑛まで来たら、必ず立ち寄りたいおすすめのスポットです。
次は頂上を目指したいです。


美瑛でランチ。 Restaurant ASPERGE(レストラン アスペルジュ)

5年前に訪れた際に訪問して、美味しさに感動したお店。
事前に予約して伺いました。
f:id:thecorner:20210923195234j:plain

「アスペルジュ」は、美瑛の食材を販売しているお店「美瑛選果」の中にあるレストラン。
美瑛の食材を生かした料理が食べられます。
ミシュランでひとつ星を獲得したお店でもあります。

私達は3,800円のコースを注文しました。

パンコントマテ
f:id:thecorner:20210923052754j:plain
見ているだけで癒される・・・。

美瑛の畑( 20種類の野菜を使った取り合わせ)
f:id:thecorner:20210923052912j:plain
どの野菜も味が濃い!
野菜だけで五感を刺激する一皿です。

じゃがいものフォカッチャ
f:id:thecorner:20210923054151j:plain
小麦とじゃがいもとハーブ、全てが美味しい。
毎日食べたい・・・。

じゃがいものピューレ
f:id:thecorner:20210923053047j:plain
優しい甘さと、しっとりした舌触り。
山わさびが添えられて、相性抜群!

茹で上げブロッコリーと 一晩マリネした完熟トマトの低温ロースト
f:id:thecorner:20210923053232j:plain
「茹でブロッコリー」と「トマトのマリネ」というシンプルな料理なのに、ステーキを食べたかのような満足感。
ブロッコリーとトマトのポテンシャルが引き出されています。

美瑛産豚ロースのグリエ
f:id:thecorner:20210923053610j:plain
カットする前に見せてくださいました。
ローストした香りがふわりと漂います。
外側がパリッとしていてよく焼けています。

カットしたものが来ました。
f:id:thecorner:20210923053834j:plain
程よい柔らかさのお肉。香りも良くて、とても美味しい。。。

玉ねぎの煮込み
f:id:thecorner:20210923053951j:plain
甘〜い玉ねぎ。
脇役と思っていた玉ねぎ、実は主役を張れる実力を持っていた!

クレームダンジュとハスカップソース
f:id:thecorner:20210923054515j:plain
ふわりとしたデザート。いくらでも食べられそう。

黒豆ショコラ
f:id:thecorner:20210923055526j:plain
しっとりした黒豆にチョコレートがコーティングされています。
コーヒーとよくあいました。

野菜って美味しいな・・・。と、いつも再認識するレストランです。


お腹がいっぱいになった後は、美瑛をドライブ。
part.2 に続きます。

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告