the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

私が使っている包丁 グローバルの使い心地

f:id:thecorner:20190403140327j:plain

私はインテリアが好きなので、ものを選ぶ時はデザインも重要なポイントになります。

 

私が初めて購入したのは、山田耕民がデザインした、デンマークのRosenthal(ローゼンタール)のペティーナイフでした。画像手前。

 

山田耕民は日本のプロダクトデザイナーで、グローバルの包丁のデザインを手がけた人です。

 

ローゼンタールの包丁は現在日本では取り扱っていないようですが、グローバルの包丁も同じように使いやすいです。私は三徳包丁を使っています。私の友人もグローバルの愛用者が多いです。

 

持ち手から刃までオールステンレスなので手入れも楽ですし、持ち手もとても握りやすい!

ドットのデザインも美しく、滑りにくさも感じます。

グローバル 三徳 3点セット GST-B46

新品価格
¥17,280から
(2019/7/14 09:02時点)

 

はじめて買う包丁なら、グローバルのペティーナイフもおすすめです。

グローバルはよく切れるので、このサイズでもいろいろ使えますし、小回りもきき、料理初心者の方にもぴったりだと思います。

 

私は一人暮らしを始めた頃は、ペティーナイフをメインに使っていたので、三徳包丁を手にした時は「でかい!こわい!!」と思いました(笑)。

 

鋼(はがね)の包丁も憧れているのですが、手入れのしやすさと扱いやすさは、私のようなずぼら人にはとても重要なのです!

 

お値段は張りますが、シンプルで美しいデザインは使っていて楽しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告