the corner of life 生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。

the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。

関東近郊散歩 : 特急Laview(ラビュー)で行く秩父 part 1

西武池袋線に乗っていた時に一目見て、いつか乗ってみたい!と思っていた特急電車があります。
それは、西武特急"Laview(ラビュー)"。

休みの日の朝、天気が良かったので思い立ってラビューに乗ってみることにしました。
f:id:thecorner:20191013204103j:plain
3連休の中日、しかも当日・・・ということで予約取れないかな・・・と思ったのですが、予約できました!
そこで急遽秩父に行くことに。
part1はラビューのお話だけです・・・。

f:id:thecorner:20191013145908j:plain

建築ユニットSANAA妹島和世氏が監修したという車両は見た目がとても美しい!
ツヤのあるシルバーと球体のようなカーブの窓がかっこいいです。

シートの色は気持ちが明るくなるような緑がかった黄色で、丸みを帯びたデザインの座席です。
並んでいる姿がなんだか可愛らしいです。
f:id:thecorner:20191013150102j:plain
"Laview(ラビュー)"の名前は、Luxury、Living、Arrow、Viewという意味が込められているそう。
ラグジュアリーなリビングのような空間で、矢のように早く走りながら大きな窓から美しい景色を眺める・・・。
ラビューで過ごす時間が楽しみなるような名前ですね。

ラビューといえば、やはり大きな窓!
足元近くまで窓が広がっているのをお分かりいただけるでしょうか?
f:id:thecorner:20191013150135j:plain
こちらがシート。
すっぽりと身体を包み込むようなデザイン。
f:id:thecorner:20191013150202j:plain
AC電源もあります。
ありがたい!
f:id:thecorner:20191013150227j:plain

そして・・・衝撃的な事が発覚!

私の席から景色が見えない!
こんなに大きな窓なのに(泣)!!
f:id:thecorner:20191013150257j:plain
夫が言うにはこの時の私はこの世の終わりのような顔をしていたらしい・・・。

8号車11番のABを予約したのですが、8号車の奇数席はこうなるんですね・・・。
(調べたところ、5号車と8号車奇数席、1、2、3、4、6、7号車は偶数席がこうなるようです。)

けれど、途中で進行方向が変わることが発覚!
飯能で進行方向が変わるとのこと。後ろの人たちが座席の方向を変えてくれると信じて!

停車駅は下記です。
池袋→所沢→入間市→飯能→横瀬西武秩父

座席の背面はこのような感じ。
f:id:thecorner:20191013200042j:plain 8号車はお手洗いが遠いですね・・・。

さて、飯能駅に到着しました。

後ろの人達・・・座席の方向はどうするか・・・。
私たちが乗った8号車は最後尾の車両で、12番までの座席になっています。(私たちは11番)
なので、12番の人達は座席の向きを変えると先頭になります。
だから、変えてくれるはず!
どきどき・・・。

やったー!
景色が開けました!ありがとうございます!
f:id:thecorner:20191013150644j:plain

飯能から秩父までは、森の中を抜けていく感じなのでさらに景色を楽しめます。
せっかく窓の大きなラビューに乗るなら、景色を楽しみたいですよね。

ただ、意外にも座席の方向を変えていない人が多かったようです。
逆向きで走るのはちょっと辛いかも・・・。
電車は自分たちが方向を変えたくても、後ろの座席の人が変えないと変えられないですよね・・・(向かい合っちゃうから)。

それを考えると、自由に変えられる一番前か後ろの座席、もしくは、一番前か後ろの人は座席の方向を変えると想定して、先頭から2番目くらいが良いかな。

秩父に着いたら別のラビューが出迎えてくれました。
f:id:thecorner:20191013150811j:plain
帰りも乗るからねー!
f:id:thecorner:20191013204508j:plain
特に鉄道が好きなわけではないけれど、ラビューはほんとうにかっこいいです。

part2に続きます。

プライバシーポリシー
お問い合わせフォーム