the corner of life

生活まわりのモノとコト、週末を楽しむモノとコト。


広告

シャングリ・ラ ホテル 東京 宿泊記 part.2(ジム・プール / 館内のアート巡り / 感想 / 香りのお土産)

2021年4月、夫の誕生日のお祝いに「シャングリ・ラ ホテル 東京」に宿泊しました。
国内の宿泊は温泉がメインになることが多いので、シンプルにホテルステイを楽しむ滞在は新鮮!
ホテルの部屋に引きこもり、ゆっくり過ごしました。

今回はpart.2です。
part.1の記事はこちらから。

thecorneroflife.hatenablog.com

シャングリ・ラ ホテル 東京 ジムとプール

ホテルのジムとプールを使わせていただきました。

ジム

f:id:thecorner:20210523134157j:plain

人数制限やマシンの使用制限をするなど、感染対策をされています。

ホテル内で身体を動かせるのは嬉しいですね。

ジムで軽く汗を流したあと、スチームサウナとジャグジーを使いました。

スチームサウナとジャグジー

シャワールームのアメニティは「モルトンブラウン」でした。

初めてモルトンブラウンを使いましたが、使い心地も香りも良くて癒されました🎶

クラブルームとスイートルームのアメニティはモルトンブラウンのようです。
他の部屋はロクシタンジャスミン&ベルガモット。こちらも良いです!

ジャグジーで身体を温め、ほぐしてから、スチームサウナへ。

男性はドライサウナ、女性はスチームサウナ。
どちらも水風呂はありません。

ドライサウナが好きですが、女性用はスチームサウナが多いですよね。。。

けれど、こちらのスチームサウナは暑めなので、しっかり汗をかけます!

水とタオルが常時セットされていて、定期的にスタッフの方が補充に来られていました。
さすが高級ホテル!

20mの温水プール

翌朝、プールの予約をしました。
朝食の前に身体を動かします。

f:id:thecorner:20210523134714p:plain

子供の頃泳ぐのが大好きだったので、テンションがあがります!

テンションは上がるのですが・・・。
数十年経つと思うように身体が動かない・・・。

クロールも平泳ぎも20mで息切れ・・・(悲)。
日頃の運動不足を反省しつつ・・・良い運動になりました!
f:id:thecorner:20210523134825p:plain

泳ぐのが苦手でも、水中ウォーキングしたり、ぷかぷか浮いたりして過ごすだけでもリラックスできそうです。

水中ウォーキングは通常のウォーキングに比べて倍のカロリーを消費するとか!
f:id:thecorner:20210523134918p:plain

お風呂と同じように、水の中に入ると癒される気がします。

携帯電話を持ち込まなかったので写真がないのですが、プールサイドからの景色も良いです!


シャングリ・ラ ホテル 東京 館内のアートを巡る

シャングリ・ラ東京は約2000点ものアート作品を所有しているそうで、あちこちでアート作品に触れることができます。

客室内のテレビで施設情報を見ていたところ、「アートツアー」があるということで、そちらを申し込みました。
f:id:thecorner:20210523135109j:plain

エントランス ベルデスク上のアート

f:id:thecorner:20210523135317j:plain
景徳鎮で焼かれた磁器を組み合わせたアート作品。景徳鎮ってまだ続いているのですね!
写真だとわかりにくいのですが、かなり薄い磁器に装飾が施され、一枚の絵になっています。

山々や大地に風が吹く様子を表現していているそう。


28F ロビーフロア 右側通路のアート

f:id:thecorner:20210523135406j:plain
春夏秋冬の花を描いた油彩画
筆致に趣があり惹かれました。


27F 「なだ万」入り口付近のアート

f:id:thecorner:20210523135432j:plain
こちらもエントランス同様、景徳鎮の磁器を使ったアート。
風に吹かれた花びらが舞うように、薄く作られたセラミックが気持ちよさそうに浮いています。


29F スパフロアのアート

f:id:thecorner:20210523135554j:plain
熱したガラスを筆代わりにし、焼き付けながら描かれた絵。
火の一瞬のエネルギーを優美に表現されています。かっこよい!


f:id:thecorner:20210523135853j:plain
こちらのセラミックアートも素敵。
陶器という硬い素材ながら、原料の土の柔らかさや、どのような形にもなる自由さを感じます。
個人的に一番惹かれた作品かも。


27階から29階にわたる壁のパネルアート

f:id:thecorner:20210523141133j:plain
長さ11m 幅3mの大型作品です。

膠(にかわ)と石膏を混ぜ、その上に金とバラディウムの合金が施されているとのこと。
光により銀にみえたり金に見えたりします。

f:id:thecorner:20210523141157j:plain
写真は銀に見えますね。

中国でも日本でも縁起が良いとされる「松」が描かれています。

この大型作品のそばにあるシャンデリアもすごいです。

ホテルスタッフの方から、この吹き抜けの場所はパワースポットと言われていると聞きました。
右奥にパネルアートも見えます。

f:id:thecorner:20210523141402j:plain

沢山のキラキラを浴びる空間なので、パワースポットというのも納得。

この大きなシャンデリア以外にも、シャングリ・ラ ホテルには沢山の「シャンデリア」があります。
「シャンデリア」については、前回の記事をご覧ください。
豪華!
thecorneroflife.hatenablog.com

また、ロビーやスパフロアのトイレの入り口には、日本の美術家、「篠田桃紅」さんの版画が飾ってあります。
篠田桃紅さんは好きなアーティストなので、思いがけず出合えて嬉しい!
f:id:thecorner:20210523141707j:plain


シャングリ・ラ ホテル東京 」の過ごし方と感想


部屋は広くてセンスも良いし、とても居心地が良いです。
f:id:thecorner:20210523151339j:plain

そして景色が最高!
(私たちは皇居側の部屋に滞在しました)
f:id:thecorner:20210523142538j:plain
景色を見ながらのんびり過ごす時間がとても良かったです。

行き交う電車を眺めたり、日が沈んでいく景色を眺めたり。
飽きずに楽しみました。

また、ジムやプール、アートツアーも利用して、とても充実した時間を過ごしました。
今は美術館も休業したり、行きにくい状況でなかなか行けていなかったので、美術欲も満たされました。

今回は外出しなかったのですが、皇居も近いので皇居散歩もよいですね。
ホテルではレンタルサイクルもあります!(3台くらい)
このホテルは一番低いフロアでも30階という高層階のホテルなので、夜景も良いです!
f:id:thecorner:20210523142642j:plain

寝るだけの為に宿泊するにはもったいないなぁという印象。

チェックアウトする時は去り難く・・・。
夫と2人、後ろ髪を引かれながらチェックアウトしました。


シャングリ・ラ ホテル 東京 香りのお土産

f:id:thecorner:20210523142711j:plain

シャングリ・ラ ホテルは「シャングリ・ラ エッセンス」というホテル独自の香りがあります。

人を惹きつける香りで、日本にシャングリ・ラ ホテルがなかった時には、海外のシャングリ・ラ ホテルに行って買いためる方も多かったとか。

ベースノートはバニラ、白檀、ムスク。トップノートはベルガモット
アクセントにジンジャーティーの香りが加わっているそう。

甘すぎず奥行きがある香りで、深いリラックスに導いてくれるような香りです。

自宅ではルームディフューザーのスティクを使わずに、夜に寝る前のリラックスタイムや週末に蓋を外して使っています。
ほのかに香ってちょうど良いです。

この香りを感じるたびに、シャングリ・ラホテルで過ごした"桃源郷"の時間を思い出しています。
シャングリ・ラの名前の由来は、桃源郷、理想郷を意味しているそう。)

香りのお土産といえば、以前紹介した「伊豆マリオットホテル 修善寺」の香りもおすすめです!

thecorneroflife.hatenablog.com


今回は夫の誕生日の宿泊でしたが、今回のように大切な人の記念日や自分へのご褒美に、高級ホテルに宿泊するのも良いなぁと思いました。

シャングリ・ラ ホテル」は、今後もその候補に入るとても素敵なホテルでした。
非日常の時間をプレゼントしてくれます。



同じ都内の高級ホテル滞在記はこちら。
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 thecorneroflife.hatenablog.com
ザ・キャピトルホテル 東急 thecorneroflife.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

広告